服の色合いだけで着やせできる

自分の体型の悩みはファッションによってカバー出来ることがあります。

それは背丈が低いのを分かりにくくするとか、痩せているのを見えづらくする、太っている体型が着やせすることで分かりにくくさせるといった感じです。

Pick Up Site
べちゅがおすすめするアイテムから選べば間違いなし

太っている体型を分かりにくくするためのファッションカラーには収縮色があります。この収縮色と言うのは青色などの寒色系でイメージで言うと暗めの色であったり、黒色に近い色合いであるものになります。この収縮色の効果で引き締まった体型に見せることが出来ます。

では明るい色の服を着れば、着やせする効果は出にくいのかと言うと、そんなことはありません。明るい色の服でも縦のラインが出るような服装であれば着やせの効果があらわれます。縦にストライプの入ったファッションや直線的でシャープな模様が入ったものに効果が出やすくなります。

Pick Up Site
《ロイヤルチーパー》でなら買えます

縦にストライプなどの縞が入ったものは細く見せるだけでなく、背を高く見せる効果もあります。縞の幅は狭いほどよりすっきり見えます。逆にボーダー柄のように横に島の入っている服は実際よりも横に広がって見えることで、より膨張して見えるようになります。

黒色の服を取り入れる場合、全身に黒を使うのではなく気になる箇所に着用することですっきりさせたイメージを出すことが出来ます。これに対して白色の服は膨張色として敬遠されがちですが、組み合わせによっては着やせ効果も得られます。黒色の服とコーディネートすることで色の対比が締まった印象を持たせます。白黒以外の収縮色や膨張色の着合わせについても同じです。

Pick Up Site
一組ずつ完全オリジナルで制作いたします

曲線のものよりも直線のものがシュッとした印象が出て着やせの効果が出しやすくなります。襟の形で言えば丸い襟まわりの服よりはVネックの襟が直線のラインが出やすくなります。ボトムスで言うと波打ったフレアスカートよりは折り重なったプリーツスカートが引き締まって見え、パンツならゆったりしたものよりもフィット感のあるパンツの方が細く見えます。

部分的に太い気になるところがあれば、気になる部分に収縮色を取り入れて、気になる部分への視線をそらすことで着やせ効果を作り出すことが出来ます。脚を細く見せたいのであればボトムスに収縮色を使い、それ以外の部分を膨張色にしたファッションにしてみます。ウエスト部分が気になる場合はくびれまわりに収縮色を使ってウエストを引き締めて見せるか、太めのベルトで収縮色のものを付けると引き締まって見えます。